フェイスマスクでほうれい線ケア!

by abnxrct
ほうれい線ケアのためにフェイスマスクを使う女性

顔のたるみで目立つほうれい線を消すことはできませんが、乾燥で目立ったほうれい線の改善や予防ならフェイスマスクでできます。

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の

「ほうれい線ケアのフェイスマスクの選び方と使い方」を参考に、ほうれい線予防や対策のためのフェイスマスクの選び方や使い方をご紹介します。

「ほうれい線ケアにおすすめのフェイスマスクはあるの?」

「ほうれい線ケアのためのフェイスマスクの使い方は?」

など、気になる方はぜひご覧ください。

ほうれい線ケアのためのフェイスマスクの選び方

フェイスマスクはその成分が美容液と近く、水溶性のヒューメクタント成分と油溶性のエモリエント成分の両方の化粧品成分が配合されるケースが多いです。

ほうれい線ケアのフェイスマスクは、ビタミンA誘導体やビタミンC誘導体などのコラーゲンやエラスチンにアプローチするエイジングケア化粧品成分とセラミドやヒアルロン酸などの乾燥肌の原因にアプローチし保湿できる保湿成分の両方が配合されているものがおすすめです。

マスクのタイプとしては、シートタイプ、クリームタイプ、クレイタイプ、ピールオフタイプ、スリーピングタイプなどがあり、それぞれに特徴があるので、違いを理解して自分に合ったものを選びましょう。

また、同じ成分を過度に使っても、エイジングケアの効果が高まるわけではないので、美容液とは異なるエイジングケア化粧品成分や保湿成分が配合されたフェイスマスクを選びましょう。

ほうれい線ケアのためのフェイスマスクの使い方

フェイスマスクの使用時間は、10~15分が適切です。それ以上の使用はかえって乾燥してしまいます。

ほうれい線ケアのために、紫外線のアフターケアでビタミンACEなどの抗酸化成分やナールスゲンなどが配合されたフェイスマスクを使うこともおすすめします。

女性の身体やお肌は女性ホルモンの影響を受けるので、生理が終わった後から排卵日の肌の調子がよい期間に使うのがおすすめです。一方、敏感肌や肌荒れなどがある場合は使用を避けましょう。

おすすめのほうれい線ケアのフェイスマスク

ほうれい線ケアのオススメのフェイスマスクの1つが、「ナールス パッション」です。

素材は、密着性が高く、剥がれにくく、美容成分をしっかり浸透させることができるバイオセルロースを使っています。ナールスブランドの主力原料であるナールスゲンを推奨濃度で配合しているほか、プラセンタ、ヒアルロン酸、アロエベラ葉エキス、リンパ管ケア成分「キュアパッション」を配合しています。

まとめ

ほうれい線予防や対策のためのフェイスマスクの選び方や使い方をご紹介しました。

フェイスマスクもほうれい線ケアのエイジングケア化粧品の選択肢としてさまざまなタイプが登場してきました。

この記事を参考に、自分に合ったフェイスマスクを上手に使って、ほうれい線対策をしましょう。